家族移住・親子留学サポート下見・家族留学プランご紹介|学生ビザを必要としない3ヶ月以内のご家族での下見・家族留学プラン

資料請求
サイトメニュー
トップ
新退職者ビザ取得サポート
新退職者ビザ紹介
退職者ビザ取得サポート
退職者ビザ取得の流れ
退職者ビザQ&A
WORK & ロングステイ
早期リタイアプラン
一般投資家ビザ(188)
上級投資家ビザ(SIV)
プレミアム投資家ビザ
技術移住・親子留学
調理師・美容師移住
家族移住・親子留学
調理師・美容師移住診断
コラム
不動産アドバイス
メディカルアドバイス
FPアドバイス
インフォメーション
オーストラリア移住先
コンドミニアム・ホテル
各国リタイアビザ情報
オーストラリア携帯電話
アエルワールドについて
会社概要
アドバイザー紹介
マスコミ・メディア情報
資料請求・お問い合わせ
求人・採用情報
  お問合せ先
【電話】 0120-070-069
【営業時間】 9:00〜18:00
【休業日】土日祝日
※電話以外の 問合せ
オーストラリア永住権家族移住・親子留学サポート>永住・家族留学プラン
家族移住・親子留学サポート
オーストラリア家族移住・親子留学サポート一覧

オーストラリア永住・家族留学|参加条件&滞在期間

<参加条件>
◆ 3ヵ月以上滞在をご希望の方
◆ お子様に付き添いでのビザが取得可能です。
→親御様も学校に通うことも可能です。
◆ 永住を考えていらっしゃる方

<滞在期間>
◆ 3ヵ月以上の留学をご希望の場合、
学生ビザを取得しての渡航となります。
◆ お子様のみ学校に通い、
親御さんは通わないビザの取得も可能です。
◆ 学生ビザ以外にも、長期滞在(移住)のできる可能性がございますので、こちらまでお問い合せください。


オーストラリア永住・家族留学|平均予算額

<6ヵ月間親子で学校に通った場合>
230万円程度〜(親子2名分/6ヵ月)

<入学金+授業料+教材費+ホームステイ登録料+賃貸料金+手配料金>
<賃貸:約:1,600AUD〜2,200AUD/1ヵ月>

◇ お子様の現地校手配も可能です。お問い合せください。
◇ 賃貸物件料は立地、レベルにより料金が異なります。またホームステイのご提案も可能です。
◇ 為替変動、都市、ご希望プランにより料金が異なってまいりますのでお問い合せください。
≪想定為替≫1AUD=\100


オーストラリア永住・家族留学|サポート内容

≪プログラムに含まれるもの≫
◆ 親子留学、家族留学、海外生活に関するカウンセリング
◆ 現地教育機関の紹介及び入学手続代行 (弊社提携教育機関)
◆ 滞在先の紹介(ホームステイ先、貸家等物件の紹介)

≪付加サポート≫
◇ 現地オリエンテーションの手配(銀行口座開設、滞在先、現地生活に関する情報提供)
◇ 航空券、保険加入、空港現地出迎え等の手配
◇ 専門家(通訳・弁護士・会計士・不動産業者・ファイナンシャルプランナーなど)の紹介
◇ 移民法、ビザ申請情報の提供
◇ ビザ申請、保険加入、健康診断等の手続支援(※代行は別途承ります。)

≫長期滞在の場合
▲ 現地視察の手配(滞在先環境及び学校視察、生活オリエンテーション)
▲ 現地生活、学費等の外貨資金の準備及び海外送金支援(提携金融機関の紹介)

※3ヵ月以内の滞在をご希望の方はこちら
※親子留学、家族留学に関してのお問い合わせはこちら
▲ ページトップへ戻る

オーストラリア|教育制度

<教育制度>
オーストラリア教育は、学生の個性や能力を最大限に引き出すことを目的に、バランスの取れたカリキュラムを組んでいます。キャンベラなどの主都特別地域は連邦政府の管轄下になっており、国の管理下にありますが、基本的には各州の教育省が管轄しているため、教育制度も州により異なります。

義務教育は、一般的に6歳〜15歳までとなっていますが、5歳〜13歳まで、6歳〜16歳までとする州 もあります。オーストラリアでは、一般的にプライマリースクール(小学校)で6〜7年間学んだ後、セカンダリースクール(中学、高校)に進学します。 オーストラリアは基本的に中高一貫教育が実施されているため、セカンダリースクールはYear10(16歳)までの義務教育である前期中等教育と、Year11(17歳)とYear12(18歳)の後期中等教育に分けられています。

またオーストラリアには大学進学のための受験制度がななく、12年生修了前に各州の「統一高等学校資格試験」を受けた上で、その点数及び学業成績に応じて入学できる大学およびコースが決定します。また、進学ではなく職業教育を受けたい学生は公立職業専門訓練学校であるTAFE (Technical And Further Education) や専門高等教育であるVET (Vocational Education and Training)、また私立の専門学校へ進むことが出来ます。


家族で長期滞在・親子留学サポート
お問合せ・資料請求は、親子留学サイトよりお問い合わせください。