◆ アエルワールドの海外移住情報 ◆ フィリピンのリタイヤメントビザである特別居住退職者ビザ(SRRV)、及びSRVV情報
資料請求
サイトメニュー
トップ
新退職者ビザ取得サポート
新退職者ビザ紹介
退職者ビザ取得サポート
退職者ビザ取得の流れ
退職者ビザQ&A
WORK & ロングステイ
早期リタイアプラン
一般投資家ビザ(188)
上級投資家ビザ(SIV)
プレミアム投資家ビザ
技術移住・親子留学
調理師・美容師移住
家族移住・親子留学
調理師・美容師移住診断
コラム
不動産アドバイス
メディカルアドバイス
FPアドバイス
インフォメーション
オーストラリア移住先
コンドミニアム・ホテル
各国リタイアビザ情報
オーストラリア携帯電話
アエルワールドについて
会社概要
アドバイザー紹介
マスコミ・メディア情報
資料請求・問合せ
求人・採用情報
  お問合せ先
【電話】 0120-070-069
【営業時間】 9:00〜18:00
【休業日】土日祝日
※電話以外の 問合せ
オーストラリア永住権国別リタイアメント情報 > フィリピン
国別リタイアメントビザ情報

 フィリピン
【基本情報】 フィリピン余暇退職庁
首 都 メトロ・マニラ(人口993万人)
人 口 7,650万人(2000年5月国勢調査値)
面 積 299,404km 2 (日本の8割の広さ)。7,109の島がある。
言 語 国語はフィリピノ語、公用語はフィリピノ語と英語。80前後の言語がある。
通 貨 ペソ  ※1ペソ=約2円(04年4月現在)

在 留
邦 人

10,650名(03年10月現在)
宗 教 国民の83%がカトリック、その他のキリスト教が10%、イスラム教は5%。
気 候 気候は一年を通じて高温な熱帯モンスーン気候であるが、一年の中でも季節風の影響により乾季(寒季、暑季)と雨季に分けられる。

 フィリピンのホテル・コンドミニアム情報
  セブ  パラワン
  マニラ  フィリピン全域

※出典「外務省」
その他フィリピン情報


 リタイアメントビザ情報

【リタイアメントビザ名】
特別居住退職者ビザ(SRRV)
※SRRV取得に関する情報はこちらまで

【年齢制限】
満35歳以上(配偶者、 21 歳未満のお子様を同伴可)

【 メリット 】
本プログラム加入者には、以下の特典があります。
 @SRRV の取得により、数次入国の特権が与えられ、永住権が認められます。
 A免税で 7,000 米ドル相当の家具、電気製品、身の回り品を持ち込むことができます。
 B出国許可と再入国許可の手続きが免除されます。
 C旅行税が免除されます。
 D本ビザ所得のための預金を住宅建設、長期借地、マンション購入、株式投資、ゴルフ会員権購入
  等の投資に使うことができます。但し消費財あるいは生活費に使うことはできません。
 E本ビザ取得後、外貨定期預金をフィリピンペソ預金に転換することができます。
 Fフィリピンに送金される年金は無税です。
 G本ビザ取得のための預金、株式配当、キャピタルゲインの本国送金が保証されます。
 H学生ビザが免除されます。
 I外国人就労許可証 (AEP) を取得することにより、就労することができます。

【有効期間】
 無期限

【必要資産】
申請者は、 PRA の指定銀行に日本から所定の金額を振込み、米国ドルで 6 ヶ月間定期預金をしなければなりません。必要な預金額は、以下の通りです。なお、すでにフィリピンに投資した実績に基づいてビザを申請することもできます。
 1. 35歳〜49歳以下の方は、PRAの指定銀行口座に5万米ドル(約450万円)の外貨預金
 2. 50歳以上の方: ※以下どちらかの条件を満たす必要があります。
   @ PRAの指定銀行口座に2万米ドル(約180万円)の外貨預金
   A PRAの指定銀行口座に1万米ドル(約90万円)の外貨預金と月収800米ドル(約7万円)の証明
  ※PRAとは?→フィリピン退職庁
  ※1米ドル=90円で試算

 ※フィリピンのビザについてはこちらよりお問い合わせください。

【医療事情】
  当国は熱帯に位置するとはいえ、乾季には気温が下がる時期があり、また建物の中は冷房が強力に効いている所が多く、風邪や肺炎などの呼吸器系疾患に罹る邦人も少なくありません。特にマニラでは大気汚染の悪化により、呼吸器系疾患の患者が急増しています。雨季にはコレラ、腸チフス、赤痢アメーバなど難治性の水系伝染病患者が増加します。また当国には全土に渡ってマラリアやデング熱など蚊が媒介する疾患が分布しています。

【医療施設】
  フィリピンの地方自治体病院の多くは予算難のため経営困難な状況にあり、空床率が増加しています。これに対して、私立病院の多くは専門医と契約し、料金設定も様々な自由診療です。マニラでもトップクラスの一つと評価されている病院がマカティ・メディカルセンター Makati Medical Center(MMC) です。同院は病床数7百床、医師数6百名余りの総合病院で、救急外来( ER )は 24 時間体制で患者を受け付けています。同院に関係している専門医は、フィリピン医学会の認定医のみならず、米国の専門医認定を受けている者も少なくありません。この MMC にはフィリピン人のみならず、マニラとその近郊に住む日本人や外国人もよく受診しています。また同院には日本の医大に留学経験を持ち、簡単な日本語を話すフィリピン人医師も登録されています。

 海外邦人医療基金( JOMF )とマニラ日本人会は、 1986 年からマニラ日本人会診療所を運営しています。同診療所には日本人医師と日本人事務長が常勤していますので、日本語が通じる医療機関として在留邦人には貴重な存在です。

◆マニラ日本人会診療所◆
 2F Jaycem Bldg.,104 Rada St.,Legaspi Village,Makati City,
 Metro Manila,Philippines
  Tel:63-2-818-0880 / 63-2-819-2762
  Fax:63-2-819-2811

※出典「在フィリピン日本国大使館」、
「外務省 在外公館医務官情報」

▲ページトップへ戻る

▲国別リタイアメントビザ情報へ戻る

▲特別居住退職者ビザ情報の詳細へ