オーストラリアで永住権や永住ビザを取得して早期リタイア移住を実現! 〜オーストラリア医療情報〜

資料請求
サイトメニュー
トップ
新退職者ビザ取得サポート
新退職者ビザ紹介
退職者ビザ取得サポート
退職者ビザ取得の流れ
退職者ビザQ&A
WORK & ロングステイ
早期リタイアプラン
一般投資家ビザ(188)
上級投資家ビザ(SIV)
プレミアム投資家ビザ
技術移住・親子留学
調理師・美容師移住
家族移住・親子留学
調理師・美容師移住診断
コラム
不動産アドバイス
メディカルアドバイス
FPアドバイス
インフォメーション
オーストラリア移住先
コンドミニアム・ホテル
各国リタイアビザ情報
オーストラリア携帯電話
アエルワールドについて
会社概要
アドバイザー紹介
マスコミ・メディア情報
資料請求・お問い合わせ
求人・採用情報
  お問合せ先
【電話】 0120-070-069
【営業時間】 9:00〜18:00
【休業日】土日祝日
※電話以外の 問合せ
オーストラリア永住権>メディカルアドバイス
メディカルアドバイス

海外で悠々自適な生活を送るためには健康管理が大変重要です。退職者ビザの申請にも健康診断書の提出が義務付けられており、健康状態によってはビザの取得も左右されるほどです。

ただいくら注意を払っても、事故や急病に見舞われることを想定することは大切なことです。

オーストラリアの医療水準は大変高く、安心して医療機関を利用できます。 緊急を要する時や手術が必要な時以外はGP(General Practitioner)という一般開業医を利用します。日本で言うところの町医者のような存在です。

GPで診断を受け、問題があると判断された時は適切な医療施設を紹介してくれます。ただし、英語力に問題があると、症状やアレルギー等の質問に答えられないため、十分な処方を受けられない可能性があります。

そこで最近のオーストラリアの主要都市には、日本語によるサポートを 受けられる医療サービスが増加してきました。
日本語でのコミュニケーションが可能なので大変心強い存在ですが、発病や事故に巻き込まれた場合など、一刻を争うような時には日本語が通じない医療施設で治療を受けることもあるかと思います。

日本語が通じないオーストラリア人医師でも、症状やアレルギー、既往症等が正確に把握できれば、適切に処置してもらうことが可能です。また、あまり日本語にこだわっていると、迅速な処置が必要な場合に手遅れになってしまうことがあります。

そこで薬を常用している方や、健康に心配がある方には、英文の診断書を持参の上、渡航されることをお勧めしています。

アエルワールドではオーストラリアに渡航される方に対するサポートして、 「海外渡航者用の人間ドック」に入ることをお勧めしています。経験豊富な医師より消化器系の内視鏡検査をはじめ、診断結果を基にした渡航前の健康アドバイスを受けることも可能です。

肉食や外食中心になりがちな海外生活を始める前の受診をお勧めしています。


英文の診断書

優秀な医師でも患者とのコミュニケーションが図れないと手の施しようがありません。
アレルギーの有無、服用中の薬名、既往症に関する情報などは必須項目です。

詳しくは、担当の海外生活アドバイザーまでお問合せ下さい。

▲ページトップへ戻る